店長のひとりごと

メガネの価格ってフレームとレンズだけなの?

 確かにメガネの価格を決定する大きな要因です。
だけども、それだけではないと思います。それは単に丸いレンズとフレームをそのまま購入するものではないからです。
 メガネはレンズをフレームに合うように削ってしっかりはめ込まなくてはいけません。また、購入したメガネはズレないように顔に合わせなければいけません(これをフィッティングといいます)。またレンズだけを見ても度が合っていなければいけません。これらがしっかりできていないとせっかくのメガネも高い買い物になりかねないと思います。一番基本的なことで重要なことではないかと考えます。

 最近は機械化が進んできて昔ほど技術が必要なくなってきているようですが、しっかりと技術を持っている人が機械を使用するときと、未熟な人が使用するときとではかなりの違いがあります。なぜならば、未熟な人が使用するときは機械以上のことはできません。しかし、技術のしっかりした人の場合はそれ以上のことができます。それは機械を道具として考えさらに微調整するからです。たとえばレンズをフレームに組み込んだとき少しレンズとフレームの形が異なっていたときに簡単に手で修正ができますが、最近はレンズがプラスティックのため形が異なっていても弾力性があるためそのままレンズを組み込んでも入ってしまうため、そのままにしている技術者もいるかもしれません。

 まだまだありますが、メガネを購入するときは価格だけではなく、しっかりとした技術があるかを確かめた方がよいのかなと思います。