メガネを掛けたりはずしたりする時は、必ず両手でフレームのテンプル(つる)の元を持って行ってください。片手ですると、無理な力が加わりフレームが歪む原因となります。

 

●熱いところに置かないこと

 暖房機の近くや陽の当たる所には、長時間置かないようにしてください。フレームやレンズが熱で変色したり変形したりすることがあります。

●折りたたむ時

 ほとんどのメガネは、左のテンプル(メガネをかけた時に顔の左側にくるほう)から静かに折りたたみます。無理に右から折りたたみますと、フレームが歪み、掛け心地が悪くなる場合があります。

●メガネを置く時

 レンズの凸面を絶対に下にしないようにしてください。掛けているときと逆の置き方か、テンプルを折りたたんでレンズ面を上向きにして置きます。使用しない時はなるべくケースにしまうようにしてください。

 

●レンズを拭く時

  

 レンズ面に砂やホコリがついている時は、まず水洗いしてからメガネ専用のレンズ拭きをご使用下さい。拭くほうのフレームを手で押さえて軽く円を描くように拭きます。

●整髪剤に注意

 化粧品や整髪剤の化学成分で変色したりすることがありますので、布でよく拭き取ってください。

 

 以上のことに注意してお使いいただいても、メガネはお使いいただくうちに、ネジのゆるみやフレームのゆがみが生じてくることもございます。3 ヶ月に1度はメガネの総合チェックをお勧めします。

*メガネ取り扱いの注意詳細


  


Copyright (C) 2009 All Japan Optmetric Co-operative. All rights reserved.