監修 医学博士 森一成

 目は眼球と視神経、それに(まぶた)や涙腺のような眼球付属器から成り立っています。眼球は(眼窩)という骨のくぼみの中におさまっていて、視神経で、脳に連絡しています。眼球は、成人では直径24ミリのほぼ球型をしており、外側の壁となかみとに大きく分けられます。

眼球の外壁
 眼球の外壁は3つの層でできています。

●強膜
 1番外側は厚さ約1ミリの膜で、強膜とよばれています。強膜の大部分は白い不透明な固い膜で、これが俗に白目といわれる部分です。強膜の前方の一部は透明で、この部分をとくに角膜とよんでいます。
●ブドウ膜
 中間にある膜をブドウ膜といいます。ブドウ膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜という3つの部分からできています。

  • 虹彩
     虹彩は角膜をとおして茶色に見える茶目の部分で、その中心に瞳孔があります。虹彩には瞳孔を大きくする筋肉と、小さくする筋肉があり、外から眼球に入る光の量を加減しています。
  • 毛様体
     毛様体は前方にある虹彩と、後方にある脈絡膜の中間にあります。毛様体から毛様体小帯とよばれる細い繊維がのびて、目のレンズといわれる水晶体に付着し、眼球内に水晶体を支えています。毛様体には毛様体筋という筋肉があり、この働きにより、水晶体の厚さをかえ、眼底にはっきりした像を結ぶ働き(ピント合わせ)をしています。この働きを調節とよんでいます。
  • 脈絡膜
     脈絡膜は強膜の内側にある部分で、色素が多いために黒く、瞳孔以外から余分な光が眼球に入らないよう、暗幕の働きをしています。さらに、脈絡膜には血管が多く、眼球内に栄養を与える役目もしています。

●網膜
 1番内側の膜は網膜とよばれています。網膜には光を感じ、その強さ、色、形などを識別する視細胞があります。視細胞には錐体(すいたい)と桿体(かんたい)とがあります。錐体は眼底の中心部に多く、明るいところで働き、色を感じます。桿体は眼底の周辺部に多く、暗いところで弱い光にも感じることができますが、色を見分けることはできません。

眼球のなかみ
 光は前の方から順に、角膜、眼房水、水晶体、硝子体という透明な組織を通過して網膜に達します。

●角膜
 角膜は目の窓の役目をし、表面は涙の層でおおわれています。外側の涙と内側の房水などによって代謝が維持されています。また、眼球保護のほか、外から目に入った光線を屈折させるレンズ機能も果たしています。これは目の屈折力全体の70%にあたります。
●眼房水
 角膜と水晶体の間を眼房といい、ここに満たされている水のようなものを眼房水といいます。眼房水は毛様体で作られ水晶体と毛様体の間(後眼房)から前眼房に流れ出して角膜や水晶体に栄養を与え、その後周辺の血管に吸収されます。
●水晶体
 水晶体は両凸レンズの形をしていて、毛様体筋によって厚さを変え、網膜に映る像のピントを合わせる働きをします。光学レンズと違い柔軟性があり、形や厚さを変えることができますから、遠くのものでも近くのものでも、はっきりと見ることができます。水晶体は角膜と同じく透明で、血管が無く、眼房水から栄養を供給されています。
●硝子体
 眼球内容の大部分を占めるゼリー状のものが硝子体です。眼球の形と弾性を維持し、水晶体で屈折された光線を網膜まで送ることが主な働きです。

視覚路
 網膜上に投影され、視細胞がキャッチした光は、どのような経路で脳に達するのでしょうか。
 まず、眼球から出た左右の視神経は頭蓋骨に入りすぐ交叉(視神経交叉)し、再び左右に分かれて視索となり、外側膝状体という中継地点に達します。ここから、新しい神経線維(視放線)が出て、大脳の後部にある後頭葉の視覚中枢に達し、初めて視覚が生まれるわけです。この視神経の経路を視覚路といいます。

眼球付属器
 目は眼球と視神経のほか、眼球付属器から成り立っています。眼球付属器には、眼瞼、結膜、涙器、眼筋などが含まれます。

●眼瞼
 上眼瞼(上まぶた)と下眼瞼(下まぶた)とから成り、眼球を保護するとともに、まばたきによって角膜の表面を涙で潤す働きをしています。まぶたの縁に生えているまつ毛は、その根元にある神経が過敏で、ゴミが入ろうとすると目を閉じて、異物が目に入るのを防ぎます。上まぶたの上部に生えているまゆ毛は、顔から流れてくる汗が目に入るのを防ぐ働きをしています。 
●結膜
 強膜の表面をおおう眼球結膜と、まぶたの裏側をおおう眼瞼結膜とがあり、眼球とまぶたとを連絡する役を果たしています。また、粘膜ですから、粘液を分泌して眼球の表面を常に潤す役目もしています。
●涙器
 文字通り涙に関係する器官で、涙を分泌する上水道にあたる涙腺と、涙を鼻の方へ排出する下水道にあたる鼻涙管とがあります。涙は眼球の表面を潤し、異物などを洗い流し、角膜に多くの酸素を供給し透明に保つのに役立っています。

●眼筋
 目の働きを助けるもので、眼球の外側についていて眼球を動かし、外眼筋といいます。1つの眼球の周囲には6つの外眼筋がついており、両眼で合計12の筋肉が協調して働いています。

【右眼を外側からみたところ】

【右眼を上方からみたところ】

眼窩
 
眼球や眼球付属器を入れる骨のくぼみで、脂肪がたくさん入っており、眼球を外の力から保護しています。

 

 目のはたらきのことを、まとめて視機能といいますが、その主なものに、視力、屈折と調節、眼球運動、両眼視などがあります。しかし、その話に入る前に「目はどうして物が見えるのか」ということを簡単に説明してみましょう。まず、「物を見る」ということは、物にあたって反射された光を見ているのです。いくら物があっても暗闇の中では何も見えません。次に光と目の間が透明であることも大切で、霧がかかっていたり、汚れたガラス越しでは、はっきり見ることができません。
 さて、物に反射した光が、途中で遮るものが無く、目に達すると、その光は湾曲した角膜で内側に屈折され、眼房水を通って、水晶体に届きます。その後、水晶体で屈折され硝子体を通過して、網膜の表面にピントのあった倒立像が結ばれます。これを正しい立体像として認識できるのは全て大脳のはたらきによるものです。物を3次元の立体として見ることができるのも、脳が目から送られてくる情報を正しく判断しているからです。
 生まれたばかりの赤ちゃんには明暗が分かる程度の視力しかありません。その目は毎日毎日、正しく十分使われていくことで発達していきます。ただ体の栄養さえよければいい、というのではないのです。生まれた瞬間から目が発達し、目で見たものに対する経験が重なるにつれて、情報を読み取る力を学んでいきます。こうして、だんだん物がはっきり、細部まで見られるようになり、遠近の視力が正確になって、やがて立体感がともなってきます。そして、こうした学習過程は、6歳ごろまでに行われると考えられています。このように、目と脳が一緒にはたらいて、はじめて物を正確に見ることができるのです。

 

  目の働きの中で、注意して見分けようとする対象物を、どれだけ細かく見分けられるかという能力を表す尺度を視力といいます。一般にいう視力とは中心視力をいい、これは網膜のうちでも中心窩で見た、最も良く見える視力のことです。
 視力測定のためには、ふつう「ランドルト環」とよばれる、1カ所に切れ目のある輪をたくさん並べた「標準視力検査表」を用います。ランドルト環の切れ目の両端が目に入る角度を視角といい、かろうじて見分けられる最小の視角を測定するものです。見分けられる視角が1’(分)のときの視力を1.0として、視角の逆数でその人の視力を表します。従って、視角が2’になれば、視力は2分の1で0.5、視角が0.5’になれば、視力は0.5分の1で2.0となるわけです。視力検査表には、ランドルト環の他に文字や絵が用いられることもあります。

  目に入ってきた光は角膜で強く内側に屈折、さらに水晶体で再び屈折されて、網膜に倒立像を結びます。その視覚データを記号として読み取った脳は、学習と経験により正立像として解釈します。
 さて、近いところを見るときは、毛様体筋が収縮して毛様体小帯が緩み、水晶体はその弾力性によって厚くなります。反対に遠いところを見るときは、毛様体筋が縮み、毛様体小帯が緊張し、水晶体は薄くなります。この調節の働きによって、遠いところを見るときも、近いところを見るときも、網膜にはっきりピントを結ぶことができるわけです。

 左右の視線を内側に向けると同時に、水晶体(レンズ)が厚くふくらみ、見るものにピントを合わせます。

 毛様体の筋肉が縮んで毛様体小帯がゆるみ、その結果、水晶体は厚みを増して、物にピントを合わせます。

 また、調節を休ませた時に、無限に遠いところから目に入ってくる光線が像を結ぶ位置によって、目の屈折状態が決められます。
●正視 網膜にピントが合っている
●近視 網膜の手前にピントが合っている
●遠視 網膜の後ろにピントが合っている
●乱視 ピントが1ヶ所にさだまらない
 このうち、正視以外の目の状態が屈折異常です。

 

近視とは

 調節をしないで、つまりリラックスして見ているときに、遠いところから目に入ってきた光が、網膜まで届かずに、より手前でピントが合ってしまう、と言う状態を近視といいます。
 眼球の前後径が長すぎるか、角膜や水晶体の光を屈折する力が強すぎるかのどちらか、又はその組み合わせが原因でこのような状態になります。光の入口の角膜から像を結ぶ網膜までの距離(径)のことを「眼軸」といいますが、眼軸が長いためにおこる近視を「軸性近視」、角膜や水晶体の光を屈折する力が強いためにおこる近視を「屈折性近視」といいます。
 一部病的なものは別として、大部分の近視は生まれつきではなく、だいたい小・中学校に在学中に発生し、徐々に進行して、20歳ぐらいで進行が止まります。裸眼視力は0.1以下になることも珍しくありませんが、眼鏡をかければ、正常の視力まで矯正できます。

遠視とは

 調節をしないで、つまりリラックスして見ているときに、遠いところから目に入ってきた光が、網膜より後ろにピントが合ってしまう屈折状態を遠視といいます。そのために網膜に映る像がぼけてしまいます。これは近視と反対に、眼軸、つまり眼球の前後径が短いか、角膜や水晶体の屈折力が弱いかのどちらかの場合、又はその組み合わせによっておこります。眼軸が短いためにおこる遠視を「軸性遠視」、角膜や水晶体の屈折力が弱いためにおこる遠視を「屈折性遠視」といいます。

乱視とは

 角膜や水晶体の湾曲が正しい球面になっていないためにおこるものを乱視といいます。このため外から入ってくる光の方向によって、目の中で焦点の結ぶ位置が違ってきてしまいます。従って、物の像がある方向に向かってダブったりしがちです。乱視には大別して正乱視と不正乱視があり、正乱視は角膜(時には水晶体)がたまご型をしています。これは円柱レンズによって矯正することができます。また、角膜に病気やケガをしたために、角膜に不規則な凹凸ができることがあります。これを不正乱視といい、メガネではよい視力が得られませんが、コンタクトレンズによってある程度矯正できます。また、乱視は近視や遠視と一緒に発生することもあります。

正視とは

 視力の正常な人は、下図のように目の調節を休めた状態で、遠くのものがちょうど網膜のところで像を結ぶことができます。これを正視といいます。


   


Copyright (C) 2009 All Japan Optmetric Co-operative. All rights reserved.