フレーム各部の名称は形状によりやや異なります。ここではもっとも基本的なメタルフレームを例にとり紹介します。一般にはあまりなじみのない専門用語が使われていますが、パーツ名を知っているとフレームの修理や型直しなどをするときに役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人それぞれ顔の大きさや、眼と眼の間の距離が違います。正確で快適なメガネを作るためには、最適なサイズのフレームを選ぶ必要があります。フレームのサイズは、次の3つの部分の長さがテンプルまたはブリッジの内側に表示されています。
レンズ玉型の横幅
鼻幅
テンプルの長さ

*表示例:50□18 136
50 :玉型サイズ  (単位:mm)
18 :鼻幅     (単位:mm)
136 :テンプルの長さ(単位:mm)
レンズの厚みの気になる方は、少し小さめのフレームを選ぶと軽く仕上がります。

 

 素材別に大きく分けると、金属製のメタルフレームと非金属製のプラスチックフレーム、天然素材のフレーム、それらを組み合わせたコンビネーションフレームに分類されます。

●金属素材

 メタルフレームといいます。素材には金/金張り/NT合金/チタン/ニッケルクロム合金/コバルト合金などがあります。金やプラチナを使った貴金属フレームは、重量があるのが欠点ですが、気品ある光沢や希少性で人気があります。チタンは軽金属とも呼ばれるほど軽く、腐食しにくいのでフレームとして最適な素材です。また、チタンと他の金属と合わせたチタン合金なども増えています。チタン合金の中には、形状記憶特性を持つものもあります。

●非金属素材

 プラスチックフレームといいます。以前はセルロイドのフレームが多くありましたが、燃えやすいという理由などで、今ではほとんど見ることがありません。かわりにアセテートが主流になってきました。その他には、オプチル、カーボン、ケプラー、ウィスカー、ナイロンなどいろいろな素材があります。

●天然素材

 べっ甲や角などで作ったフレームがあります。べっ甲は瑁(タイマイ)と呼ばれる海亀の甲羅から作られるフレームです。ワシントン条約で輸出入が禁止され、また職人の手作りなので、非常に貴重なフレームです。黄色いものは白甲と呼ばれ、べっ甲の中でも高価です。

●コンビネーション

 金属と非金属を組み合わせたものです。メタルフレームでフロント部分にアセテートを使ったものがよくみられます。代表的なフレームの種類にブロウタイプがあります。

 

●フルリムフレーム

 レンズ全体に縁があるタイプのフレーム。もっともオーソドックスなメガネ枠です。

●リムレスフレーム(縁なしフレーム)

 テンプルやブリッジがレンズに直接ついている縁のないフレームです。顔の印象を損なわず素顔に近い印象をあたえますが、レンズが割れやすいなどお取り扱いに注意が必要です。

●ハーフリムフレーム(溝堀フレーム)

 一部分のリムがないタイプのフレームです。レンズに溝を掘って、リムのない部分はナイロン糸などでレンズを固定します。糸は伸びたりして切れやすくなるので1年に1度は交換が必要です。

●アンダーリム

 レンズの下部にリムがあるタイプのフレームです。もともとはリーディンググラスに使われた形ですが、最近は一般的なフレームのつくりとして定着しています。

 

 正円に近い丸型のフレームです。アメリカの喜劇役者、ハロルド・ロイドがかけていたことから、ロイドメガネと呼ばれます。ジョン・レノンもかけていました。

 やさしい卵型のシェイプ。男女老若を問わず好まれ、ここ数年特に人気の高いデザインです。服装やへアスタイルを選ばないかけやすいフレームです。

 四角いスクエア型は、シャープで知的なイメージを演出するのに最適です。顔を引き締める効果があるので、丸顔の方にも向いています。

 丸みを帯びた逆三角形のフレームで、アイビーファッションとともに大流行しました。知的で都会風なイメージを演出する定番フレームです。

 正方形に近い角形のフレーム。ボストン型とともにフレームデザインの定番です。落ち着いたイメージを与えるので、40代以降の男性に人気があります。

 樽型ともいいます。文字通り樽の形をしたもので、スクエア型の天地がややふくらんでいます。やわらかい印象を与えるので、女性にも人気があります。

 別名ナス型。レイバンのサングラスでお馴染みです。パイロットグラスに出自を持つこのシェイプは、根強い人気があります。

 目尻が上がったデザインです。レンズが小さく、フレームの横幅が広いのでファッショナブルな印象があります。「モンロー型」とも呼ばれます。

 オクタゴンとは八角形という意味です。シャープなイメージを演出します。スクエア型ほどクセがなく、あわせやすいデザインです。

 


  


Copyright (C) 2009 All Japan Optmetric Co-operative. All rights reserved.