ベビー
小学生

老視とは
シニアグラスの選び方

まぶしさに弱い
白内障術後
金属アレルギー
網膜色素変性症
ロービジョン
ドライアイ

歯科医師
調理師
理容師・美容師
大工
農作業

バスケットボール
スキー
剣道

ピアノ
マージャン
パチンコ・スロット
大正琴

ミセスのお顔を明るく
在宅酸素療法利用者
オートバイ
御詠歌
車の運転
料理
コンタクトレンズ予備用

 

 オートバイを運転する時のメガネを作る時には、どんな点を注意したらよいのでしょうか?

フレーム選び

ヘルメットをかぶった時に掛けやすいものを選ぶのが基本です。フルフェイス型とジェットヘル型で掛けやすさが変わるので、一番良いのは自分が使用しているヘルメットをメガネ店に持って行き、ヘルメットをかぶった状態で掛けやすいかどうかを試してみることです。あまり弾力のあるフレームだと、途中で引っ掛かって掛けづらいことがあります。この場合、ヘルメットを少しずらしてメガネを掛けるなど、ちょっとしたコツで掛けられるようになることもあります。
 フレームの形では、耳に掛ける部分が太いものや、曲げを作らないストレートタイプのものは、ヘルメットによる圧迫で痛くなりやすいので避けた方が良いでしょう。またフルフェイス型の場合は特に視界が狭くなりますので、セルタイプのような太いフレームを選ぶと余計に視野が狭くなり危険ですのでおすすめできません。しかし、縁なしのものやあまりに細いフレームを選ぶと、今度はメガネが変形しやすくなりますので、適度な太さと弾力性のある丈夫なものを選んだほうが良いです。

レンズ選び

 通常近視の方ですと一番良く見えるレンズより若干弱めに合わせることが多いですが、バイクに乗られる方のメガネは安全性の面からできるだけ良く見えるように合わせたほうが良いと思います。強すぎるレンズは問題外ですが、バイク用に合わせたレンズが普段の生活できついと感じるようであれば、普段用とバイク用とを使い分けることを考えた方が良いでしょう。ここのところは一人ひとりの生活習慣や仕事の内容、今まで使用しているメガネの強さによって変わってきますので、お店で相談して適切なアドバイスを受けて下さい。

掛け具合の調整

 この時も、実際にヘルメットを持って行き、当たる部分がないかどうか確認しながら合わせてもらうと良いです。合わせ方はほとんどの場合、通常のメガネと同じで問題ないのですが、レーサーレプリカのような前傾姿勢で乗るバイクの場合は、レンズの角度や高さを考慮して合わせる必要があります。このことは、フレームの調整限度やレンズ加工の際のレンズ中心の取り方にも関わってくることですので、フレーム選びの段階からお店の人に伝えておいた方がよいでしょう。

(回答者 メガネのクロサワ・黒澤昌寿)