ベビー
小学生

老視とは
シニアグラスの選び方

まぶしさに弱い
白内障術後
金属アレルギー
網膜色素変性症
ロービジョン
ドライアイ

歯科医師
調理師
理容師・美容師
大工
農作業

バスケットボール
スキー
剣道

ピアノ
マージャン
パチンコ・スロット
大正琴

ミセスのお顔を明るく
在宅酸素療法利用者
オートバイ
御詠歌
車の運転
料理
コンタクトレンズ予備用

 

今までは遠近両用メガネでピアノ演奏できましたが、最近楽譜がみえにくくなりました。もっと楽譜と手元が良く見えるメガネが欲しい。(55歳・女性)

 ピアノの演奏に使用しますので、楽譜の広い範囲が見えたほうがいいと思います。小さい楽譜を使用する時もあるでしょうから、できるだけクリアに見えることが望ましいと思います。
 楽譜は50cm位の中間距離になります。→50cm位の距離に置いて見られる方が多いと聞いています。遠近両用レンズでは、顎を上げないと楽譜が見えないので肩が凝ってしまいます。また近用専用のメガネでは、遠くがまったくぼやけてしまい気になるでしょう。
 メガネづくりのポイントは、顎を上げないで楽譜の広い範囲が良く見えること。さらに遠くのぼやけを気にならなくすること。手元の細かいものも見えるようにすること。以上のことを解決するためには「近近レンズ」をお勧めいたしました。「近近レンズ」は色々な設計がありますが、楽譜の距離50cmの見え方を主とし、レンズの上部で遠くを見るように。またレンズの下部で手元が見えるようなタイプ。ダブル累進のPC-WAY(ペンタックス)をお勧めします。
 このPC-WAYはレンズの中央部分が光学的に安定しているため、中間距離で広い視野とクリアな見え方が得られるレンズです。ピアノの演奏やパソコンなどに適しています。

(回答者 メガネの相沢・高橋 直)